買掛金を調整する方法

各報告期間の終わりに帳簿を閉じる前に、経理スタッフは、未払金のすべての詳細な合計が総勘定元帳に記載されている買掛金勘定残高と一致することを確認する必要があります。そうすることで、貸借対照表に報告されている買掛金の金額が正しいことが保証されます。これは買掛金調整と呼ばれます。買掛金調整プロセスには、次の手順が含まれます。

  1. 直前の期間の総勘定元帳の期末買掛金勘定残高を、同じ期間の終わりの古い買掛金詳細レポートと比較します。これらの数値が一致しない場合は、現在の期間を調整する前に、以前の期間を調整する必要があります。差異が重要でない場合は、現在の期間の調整を続行してもよい場合があります。

  2. 買掛金総勘定元帳の勘定科目を確認して、現在のレポート期間中に勘定科目に仕訳が作成されたかどうかを確認します。その場合は、これらの項目を調整スプレッドシートに文書化します。

  3. 現在のレポート期間の終了時の買掛金レポートを印刷します。調整スプレッドシートに、このレポートからの未払いの合計金額を入力します。この時点で、調整は完了しているはずです。それでも差異があり、それが前の期間に発生した差異ではない場合は、次の追加の調整手順を検討してください。

    • 買掛金仕訳帳が総勘定元帳に適切に転記されていることを確認します。

    • すべての転記が完了した後、経年買掛金レポートが印刷されたことを確認します。

    • 総勘定元帳が正しいレポート期間に設定されていることを確認します。

この調整プロセスは、初めて実行するときに難しいプロセスになる可能性があります。ただし、すべてのエラーが発見されて修正が行われると、通常、後続のレポート期間で調整ドキュメントを更新するのは比較的簡単です。