勘定科目表

勘定科目表は、組織の総勘定元帳で使用されるすべての勘定科目のリストです。チャートは、会計ソフトウェアが情報を企業の財務諸表に集約するために使用されます。チャートは通常、特定のアカウントを見つける作業を容易にするために、アカウント番号の順にソートされています。アカウントは通常数値ですが、アルファベットまたは英数字にすることもできます。

勘定科目は通常、貸借対照表から始まり、損益計算書に続く、財務諸表に表示される順序でリストされます。したがって、勘定科目表は現金で始まり、負債と株主資本を経て進み、次に収益と費用の勘定科目が続きます。多くの組織は、経費情報が部門ごとに個別に編集されるように勘定科目表を構成しています。したがって、営業部門、エンジニアリング部門、および経理部門はすべて同じ経費勘定のセットを持っています。勘定科目表の正確な構成は、個々のビジネスのニーズに基づきます。

勘定科目表にある一般的な勘定科目は次のとおりです。

資産:

  • 現金(当座預金口座)

  • 現金(給与計算)

  • 小口現金

  • 市場性のある有価証券

  • 売掛金

  • 貸倒引当金(対比勘定)

  • 前払費用

  • 在庫

  • 固定資産

  • 減価償却累計額(対勘定)

  • その他の資産

負債:

  • 買掛金勘定

  • 未払債務

  • 支払うべき税金

  • 未払賃金

  • 支払手形

株主資本:

  • 普通株

  • 優先株

  • 留保所得

収益:

  • 収益

  • 売上返品と手当(コントラアカウント)

費用:

  • 売上原価

  • 広告費

  • 銀行手数料

  • 減価償却費

  • 給与税費用

  • 家賃

  • 消耗品費

  • 水道光熱費

  • 賃金費用

  • その他の費用

勘定科目表のベストプラクティス

次の点は、会社の勘定科目表の概念を改善することができます。

  • 一貫性。複数年にわたって同じ勘定科目の結果を比較できるように、最初に数年間変更される可能性が低い勘定科目表を作成することは重要です。少数の口座から始めて、徐々に口座数を増やしていくと、過去1年以上の比較可能な財務情報を入手することがますます困難になります。

  • ロックダウンします。多くのバージョンが使用されているとビジネスの結果を統合することがより困難になるため、子会社が非常に正当な理由なしに標準の勘定科目表を変更することを許可しないでください。

  • サイズ縮小。アカウントリストを定期的に確認して、比較的重要でない金額が含まれているアカウントがあるかどうかを確認します。その場合、およびこの情報が特別なレポートに必要ない場合は、これらのアカウントをシャットダウンし、保存されている情報をより大きなアカウントにロールします。これを定期的に行うと、アカウントの数が管理可能なレベルに抑えられます。

別の会社を買収する場合、重要なタスクは、被買収者の勘定科目表を親会社の勘定科目表にシフトして、連結財務結果を表示できるようにすることです。このプロセスは、被取得者の情報を親の勘定科目表にマッピングすることとして知られています。