合理的な保証

合理的な保証とは、重要な虚偽表示に関する高レベルの保証ですが、絶対的な保証ではありません。合理的な保証には、重要な虚偽表示が適時に防止または検出されない可能性がほとんどないという理解が含まれます。合理的な保証を達成するために、監査人は、監査リスクを許容可能な低レベルに低減するために十分な適切な監査証拠を入手する必要があります。これは、重要な虚偽表示が見落とされる可能性があるため、サンプリングの使用から生じる不確実性があることを意味します。

財務諸表の監査を実施する場合、監査人の高レベルの目的には、クライアントの財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得ることが含まれ、それによって監査人は財務諸表が公正に表示されているかどうかについて意見を表明することができます。該当する財務報告フレームワーク(一般に認められている会計原則など)に従って、すべての重要な点で。