相殺の権利

相殺の権利は、債権者が債務者に支払うべき金額を相殺することにより、債権者に支払うべき金額を減額する債務者による法的権利です。たとえば、銀行は顧客の銀行口座の金額を差し押さえて、未払いのローンの金額を相殺することができます。債権者は破産プロセスを通じてより少ない金額を取得するよりも資産を差し押さえることによってより多くの資産価値を取得する可能性が高いため、借り手が破産した場合に有用な法的権利です。したがって、相殺条項は、借り手が継続企業として継続できない可能性があると貸し手が疑う貸付契約で最も頻繁に見られます。