FTEの計算方法

FTEは、1人の従業員がフルタイムで働いた時間です。この概念は、複数のパートタイム従業員の労働時間をフルタイム従業員の労働時間に変換するために使用されます。年間ベースで、FTEは2,080時間と見なされ、次のように計算されます。

1日8時間

x週5営業日

x年間52週間

=年間2,080時間

企業がかなりの数のパートタイムスタッフを雇用している場合、彼らの労働時間をフルタイム換算に変換して、彼らが何人のフルタイムスタッフに相当するかを確認することが役立つ場合があります。FTEの概念は、人員を収益、利益、または平方フィートと比較する多くの測定で使用されます。この概念は、業界分析の一環として、業界内の企業間の人員レベルを比較する場合にも役立ちます。

FTEの概念が計算される方法のいくつかの例を次に示します。

  • 1月の労働時間は168時間で、ABCCompanyのスタッフは月の間に7,056時間働いています。168時間を7,056時間に分割すると、42人のFTEになります。

  • 月曜日の1日の労働時間は8時間で、DEFCompanyのスタッフはその日の136時間働いています。8労働時間を136時間に分割すると、17人のFTEになります。

  • 年間の労働時間は2,080時間であり、GHI社のスタッフはその年の間に22,880時間働いています。2,080労働時間を22,880時間に分割すると、11人のFTEになります。

2,080の数字は、休日、休暇、病欠などの控除が含まれていないため、疑問視される可能性があります。これらの追加の仮定を組み込んだFTEの代替手段では、1人のFTEの時間数を年間1,680時間と低くすることができます。休日の数は国によって異なるため、正確な数は雇用が発生している国によって異なります。

企業がFTE計算の基礎として、より低い数値ではなく2,080時間を使用することを意図している場合、これは理論上の基準と見なされます。つまり、理論的には、すべての休日を通して働き、病気の時間をとらず、休暇の時間をとらない人だけが満たすことができる金額です。

同類項

FTEは、フルタイム換算としても知られています。