株主へのキャッシュフロー

株主へのキャッシュフローは、会社が株主に支払う現金の額です。この金額は、報告期間中に支払われた現金配当です。投資家は定期的に株主へのキャッシュフローを事業によって生み出されたキャッシュフローの合計額と比較して、将来のより大きな配当の可能性を測定します。

配当金が現金以外の追加の株式または資産の形で支払われる場合、これは投資家へのキャッシュフローとは見なされません。

この測定の代替アプローチは、投資家から受け取った現金を現金配当から差し引いて会社から追加の株式を購入し、投資家に支払った現金を追加して株式を買い戻すことです。このアプローチは、株主の数値にマイナスのキャッシュフローをもたらす可能性があります。たとえば、企業は40,000ドルの現金配当を支払い、投資家から10,000ドルの株式を買い戻し、70,000ドルの株式を投資家に売却します。その結果、株主へのキャッシュフローは2万ドルのマイナスになります。