補足情報

補足情報とは、財務諸表を公正に表示するために必要ではない、財務諸表に加えて表示される情報です。この情報は、財務情報または別の文書で提示される場合があります。これは、財務の準備に使用される基礎となる記録から導き出され、直接関連している必要があります。補足情報は、財務の対象となる同じ期間にも関連している必要があります。補足情報の例は、財務情報の任意の明細の詳細を含む拡張テーブルです。したがって、売上原価の内訳、または固定資産ラインアイテムのコンポーネントの内訳を表示できます。

補足情報が提示される場合、監査人の仕事は、情報が財務全体に関して公正に述べられているかどうかを判断することです。これには、補足情報の目的について経営陣に問い合わせる、情報がどのように作成されたかを理解する、基礎となる記録と照合するなどのタスクが含まれます。