再注文ポイント

再注文ポイントは、所定量の補充在庫の購入をトリガーする手持ちの単位数量です。購入プロセスとサプライヤのフルフィルメントが計画どおりに機能する場合、再注文ポイントにより、最後の手持ち在庫が使い果たされたときに補充在庫が到着するはずです。その結果、手持ちの在庫の総量を最小限に抑えながら、生産およびフルフィルメント活動を中断することはありません。

再注文ポイントは、在庫のアイテムごとに異なる可能性があります。これは、アイテムごとに使用率が異なる場合があり、サプライヤから補充配送を受け取るまでに必要な時間が異なる場合があるためです。たとえば、ある会社が2つの異なるサプライヤから同じ部品を購入することを選択できます。一方のサプライヤが注文の配送に1日を必要とし、もう一方のサプライヤが3日を必要とする場合、最初のサプライヤの会社の再注文ポイントは、手元に1日の供給があるとき、または2番目のサプライヤの3日間の供給になります。

再注文ポイントの基本的な式は、在庫アイテムの1日の平均使用率に、日単位のリードタイムを掛けて補充することです。たとえば、ABC Internationalは毎日平均25ユニットの緑色のウィジェットを使用しており、サプライヤが在庫を補充するのにかかる日数は4日です。したがって、ABCは、緑色のウィジェットの並べ替えポイントを100ユニットに設定する必要があります。在庫残高が100ユニットに減少すると、ABCが注文し、手持ちのウィジェットの最後が使い果たされたのと同じように、新しいユニットが4日後に到着するはずです。

ただし、この再注文ポイントの計算式は、平均使用量のみに基づいています。実際には、需要が平均レベルを上回ったり下回ったりする可能性があるため、補充注文が到着したときに手元に在庫があるか、生産または販売に支障をきたす数日間の在庫切れ状態があった可能性があります。後者の状態を防ぐために、会社は再注文式を変更して安全在庫を追加し、式が次のようになるようにすることができます。

(1日の平均使用率xリードタイム)+安全在庫

この式の変更は、補充在庫がより早く注文されることを意味し、在庫切れ状態になるリスクを大幅に減らします。ただし、それはまた、企業が手持ち在庫により多くの投資をすることを意味するため、常に利用可能な在庫を持っていることと、より大きな在庫資産に資金を提供することの間にはトレードオフがあります。

再注文ポイントは、いつ補充注文を行うかを示すだけであることに注意してください。注文する必要のあるアイテムの量は計算されません(経済発注量の式で処理されます)。さらに良いことに、ジャストインタイムまたは資材所要量計画システムの使用を検討してください。これは、特定の特定された理由がある場合にのみ新しい在庫を注文します。