無形資産の会計処理

無形資産の概要

無形資産は、耐用年数が1年を超える非物理的資産です。無形資産の例としては、商標、顧客リスト、映画、フランチャイズ契約、コンピューターソフトウェアなどがあります。無形資産のより広範な例は次のとおりです。

  • 芸術的資産。これには、写真、ビデオ、絵画、映画、録音物が含まれます。

  • 防御資産。他人が使用できないように無形資産を取得することができます。その耐用年数は、競争から差し控えられるのに価値がある期間です。

  • 借地権の改善。これらは、家主が改善の所有権を取得するリース保有の改善です。これらの改善は、耐用年数またはリース期間のいずれか短い方の期間にわたって償却します。

  • 内部使用のために開発されたソフトウェア。これは、内部で使用するために開発されたソフトウェアのコストであり、外部に販売する予定はありません。これらの費用は、資産の耐用年数にわたって償却します。

  • 内部で開発されたもので、具体的に識別できません。具体的に識別可能な無形資産がない場合は、発生した期間の費用にその費用を請求します。

  • のれん。事業体が別の事業体を買収する場合、のれんは、購入価格と、買収で取得した資産および負債に割り当てられていない、具体的に特定された価格との差額です。のれんは独立してキャッシュフローを生み出しません。

無形資産の初期認識

企業は当初、取得した無形資産を公正価値で認識する必要があります。最初に、社内で開発されたソフトウェアのコストと、そのコストでの借地権の改善を認識する必要があります。内部で開発された他のすべての無形資産の費用は、発生した期間の費用として請求されるべきです。

無形資産の償却

無形資産の耐用年数が有限である場合は、その耐用年数にわたって償却します。償却される金額は、記録された費用から残存価額を差し引いたものです。ただし、無形資産は通常、残存価値があるとはみなされないため、通常、資産の全額が償却されます。無形資産から得られる経済的便益のパターンがある場合は、そのパターンに近い償却方法を採用してください。そうでない場合、通常のアプローチは定額法を使用して償却することです。

その後、無形資産が減損した場合(以下を参照)、資産の帳簿価額の減少、および場合によっては耐用年数の減少を考慮して、償却レベルを調整する必要があります。たとえば、減損認識により資産の帳簿価額が1,000,000ドルから100,000ドルに減少し、その耐用年数が5年から2年に短縮された場合、年間償却率は年間200,000ドルから50,000ドルに変更されます。

代わりに資産の耐用年数が無期限である場合、それを償却することはできません。代わりに、資産を定期的に評価して、資産の耐用年数が決定可能かどうかを確認してください。もしそうなら、その期間にわたってそれを償却し始めます。あるいは、資産の耐用年数が無期限である場合は、定期的に資産を評価して、その価値が損なわれていないかどうかを確認してください。

無形資産の減損テスト

無形資産の帳簿価額が回収できない可能性があることが状況によって示される場合は常に、または少なくとも年に1回、減損損失をテストする必要があります。このようなインスタンスの例は次のとおりです。

  • 資産の市場価格の大幅な下落

  • 資産の使用方法の重大な不利な変化

  • 資産の価値に影響を与える可能性のある法的要因またはビジネス環境の重大な不利な変化

  • 資産を取得または構築するために発生した過剰なコスト

  • 資産に関連する過去および予測の営業損失またはキャッシュフロー損失

  • 資産は、以前に見積もられた耐用年数が終了する前に、50%以上が売却またはその他の方法で大幅に処分される可能性があります。

無形資産の減損がある場合は、減損損失を認識する必要があります。これは、減損損失勘定への借方と無形資産勘定への貸方になります。

無形資産の新しい帳簿価額は、減損損失を差し引いた以前の帳簿価額です。これは、その資産の償却を変更して、現在削減されている帳簿価額を考慮に入れる必要があることを意味します。また、テストプロセス中に取得した情報に基づいて、資産の残りの耐用年数を調整する必要がある場合もあります。

以前に認識された減損損失を元に戻すことはできません。