原価計算システム

原価計算システムは、企業が負担するコストを監視するように設計されています。このシステムは、収益、コスト、および収益性について集計して経営陣に報告するように設計された一連のフォーム、プロセス、コントロール、およびレポートで構成されています。報告される領域は、次のような会社のどの部分でもかまいません。

  • お客様

  • 部門

  • 施設

  • プロセス

  • 製品とサービス

  • 研究開発

  • 販売地域

原価計算システムによって発行された情報は、次のようなさまざまな目的で経営陣によって使用されます。

  • より高い収益性を生み出すための微調整操作

  • 景気後退の場合にどこでコストを削減するかを決定する

  • 管理目的で、発生した実際のコストを予算コストレベルと照合する

  • 将来の運用のための戦略的および戦術的な計画の作成

原価計算システムのレポートは内部使用を目的としているため、GAAPやIFRSなどの会計フレームワークのレポート要件の対象ではありません。代わりに、管理者は、表示する情報の種類、無視する情報、および結果をフォーマットして配布する方法を決定できます。原価計算システムによって作成される一般的なレポートは次のとおりです。

  • 発生したコストの予算と実際のレポート

  • 顧客、販売地域、店舗、製品、および/または製品ラインの収益性レポート

  • 何ヶ月も連続して月ごとに発生した経費を示す経費傾向レポート

これらのレポートには、経理部門が収集した追加情報が付随している場合があります。この情報には、特定のコストがどのように発生し、誰がそれらを承認したかに関する詳細が記載されています。

原価計算システムには主に2つのタイプがあります。企業は、いずれかに基づいて情報を蓄積することも、システムを組み合わせてニーズに最適に一致させるハイブリッドアプローチを採用することもできます。主な原価計算システムは次のとおりです。

  • 個別原価計算システム。材料費、人件費、諸経費は、個々のユニットまたはジョブごとにまとめられています。このアプローチは、カスタム設計のマシンやコンサルティングプロジェクトなどの独自の製品に最適です。コストの蓄積プロセスは非常に詳細で、労働集約的です。

  • プロセス原価計算システム。材料費、人件費、諸経費は、生産プロセス全体でまとめられ、個々の生産ユニットに割り当てられます。このアプローチは、100,000台の携帯電話の生産など、同じアイテムの大規模な生産に適しています。コストの蓄積プロセスは非常に効率的であり、その一部を自動化できる可能性があります。

別の原価計算システムオプションは、活動基準原価計算(ABC)です。 ABCは、間接費が適切な方法で割り当てられることはめったにないという懸念に応えて開発されました。間接費をさまざまな原価プールに割り当てる方法と、それらのプールの原価を原価対象に割り当てる方法をより細かく区別する必要があります。 。 ABCシステムは、セットアップと運用が難しい場合があるため、境界が明確に定義されている非常に具体的なコスト配分プロジェクト向けに設計されている場合に最適に機能します。