会社間ローン

会社間ローンは、通常、次のいずれかの理由で、会社のあるビジネスユニットから別のビジネスユニットに行われるローンです。

  • 現金が不足するビジネスユニットに現金をシフトする

  • 投資目的で資金が集約されるビジネスユニット(通常は企業)に現金をシフトすること

  • 為替レートの変動の影響を受ける海外から資金を送るのではなく、共通の通貨を使用するビジネスユニット内で現金をシフトすること

会社間ローンの使用は、発行ビジネスユニットがローンの利息収入を記録する必要があり、受信ユニットが支払利息を記録する必要があるため、税務上の問題を引き起こす可能性があります。どちらも税法の対象です。また、そのようなローンに関連する金利は、第三者との独立企業間取引で得られる金利でなければなりません。

会社間ローンを作成するときは、請求する金利の金額と元本の返済条件を含めて、完全に文書化する必要があります。そうでなければ、ローンは代わりに、発行ビジネスユニットによる受領ユニットへの投資と見なされる可能性があり、他の税問題を引き起こす可能性があります。

これらの税務上の懸念の程度を考えると、会社間ローンを使用する会社は、これらのローンの根本的な理由と文書化に焦点を当てた税務監査を受ける準備をする必要があります。

会社間貸付は、個々の事業単位の財務諸表に記録されますが、会社間消去取引を使用して、事業単位が属する企業グループの連結財務諸表から消去されます。

上記の問題にもかかわらず、会社間ローンは次の理由で非常に役立ちます。

  • クレジット申請は必要ありません

  • 現金は急な通知で利用可能にすることができます

  • 返済期間は、商業貸し手が要求するよりもはるかに長い場合があります