月半ばの大会

月半ばの条約では、すべての固定資産の取得は、減価償却の目的で月の半ばに購入されたと想定されています。したがって、固定資産が1月5日に取得された場合、コンベンションでは1月15日に購入したと記載されています。または、1月28日に購入した場合でも、1月15日に購入したと想定します。そうすることで、所有権の最初の月の標準的な半月の減価償却を簡単に計算できます。

月半ばの規則を使用する場合は、資産の耐用年数の最後の月の半月の減価償却を記録する必要があります。そうすることにより、2か月半の減価償却計算は1か月の減価償却に相当します。

多くの企業は、月内の実際の購入日に関係なく、所有権の最初の月に1か月の減価償却を使用することを好みます。これにより、減価償却の認識をわずかに加速できます。そうすることは彼らの課税所得を減らします。また、月の半ばの規則では、減価償却の計算が複雑になり、計算エラーが発生する可能性が高くなります。