相互法

逆数法では、連立方程式を使用して、サービス部門が負担するコストを他の部門に割り当てます。サービス部門間でも割り当てが行われます。この方法により、コストを正確に配分できます。計算が少なくて済む精度の低い方法があるため、この方法が使用されることはめったにありません。