固定費と変動費の違い

固定費と変動費の違いは、固定費は活動量によって変化しないのに対し、変動費は活動量と密接に関連していることです。したがって、固定費は一定期間にわたって発生しますが、変動費はユニットの生産時に発生します。

この違いは、ビジネスの財務特性を理解する上で重要な部分です。コスト構造が主に固定費(石油精製所など)で構成されている場合、管理者は、固定費をカバーするのに十分な売上を生み出すために、製品の低価格のオファーを受け入れる可能性が高くなります。これらはすべて同じコスト構造を持っている可能性が高く、すべて固定費をカバーする必要があるため、これは業界内の競争の激化につながる可能性があります。固定費が支払われると、通常、追加の売上はすべて非常に高いマージンを持ちます。つまり、固定費の高いビジネスは、売上が急増すると非常に大きな利益を上げることができますが、売上が減少すると同様に大きな損失を被ることがあります。

コスト構造が主に変動費(サービス事業など)で構成されている場合、マネージャーは販売ごとに利益を上げる必要があるため、顧客からの低価格のオファーを受け入れる傾向が少なくなります。これらの企業は、少量の固定費を簡単に賄うことができます。変動費は売上高に占める割合が比較的高い傾向があるため、固定費がカバーされた後の個々の売上高から得られる利益は、固定費が高いシナリオよりも低くなる傾向があります。

固定費の例としては、家賃、保険、減価償却費、給与、光熱費などがあります。変動費の例としては、直接材料、販売手数料、クレジットカード手数料などがあります。