原価法

原価法の概要

原価法は、プロジェクトの会計士がプロジェクトの完了率、つまり認識できる収益額を決定するために使用されます。これは、完了率メソッドの基礎となるコンポーネントです。原価法の計算式は、プロジェクトまたはジョブでこれまでに記録されたすべてのコストを、そのプロジェクトまたはジョブで発生する推定総コストで割ることです。結果は、完了の全体的なパーセンテージであり、請求および収益認識の目的で使用されます。

原価法は、プロジェクト会計士がプロジェクトの推定総原価を定期的に見直して修正し、最新の原価情報を反映して有効であるかどうかを確認する場合にのみ有効です。そうでない場合、メソッドは誤った結果をもたらす可能性があります。

直接材料費のほとんどはプロジェクトの開始時に発生するため、コスト対コスト法は、プロジェクトの初期段階でプロジェクト収益の可能な限り最大の割合を認識したい人に好まれるアプローチです。

原価法の例

Eagle Construction Companyは、回路基板製造施設の建設に採用されました。イーグルは、プロジェクトの開始時に、40万ドルの費用で空気ろ過システムの材料を購入することを選択しました。プロジェクトの推定総費用は$ 40,000,000で、顧客に請求できる金額は$ 50,000,000になります。建設の第1四半期の終わりまでに、イーグルはすべての空気ろ過システムを含む4,000,000ドルの費用を負担しました。 4,000,000ドルという数字は、プロジェクトの総コストの10%であり、経理担当者は、予測される収益の10%、つまり5,000,000ドルを認識することができます。

会計を処理するためのより良い方法は、空気ろ過システムが実際に設置されるまで待ってから、関連する収益額を記録することです。そうすることで、推定総収益の1%、つまり500,000ドルの認識が延期されます。