領収書決済の評価

評価入庫決済は、サプライヤへの支払いが、サプライヤの請求書ではなく、受け取った数量に基づく取り決めです。サプライヤーへの支払いは、受け取ったユニットの数と、承認発注書に記載されているユニットあたりの価格に基づいています。このアプローチは、従来の買掛金プロセスよりも大幅に効率的ですが、サプライヤと購入エンティティの間で高度な調整が必要です。

評価入庫決済には、以下の利点があります。

  • これにより、買掛金機能に関連する付加価値のない活動の多くが排除されます。

  • サプライヤの請求書がないため、サプライヤの請求書の請求額と受領した金額の間に差異はありません。

  • 支払いは通常電子的であるため、小切手は発行されません。

  • このプロセスは大幅に自動化できます。

  • 自動化のレベルを考えると、サプライヤーはより一貫した支払いに頼ることができます。