荷送人と荷受人の違い

委託プロセスには、荷送人から荷受人への商品の発送が含まれます。荷受人は、商品を独立した第三者に販売する任務を負っています。最終的な販売が行われるまで、荷送人は商品の所有権を保持し続けます。たとえば、アーティストは自分の絵画を販売するためにギャラリーとの取り決めを持っています。アーティストが荷送人で、ギャラリーが荷受人です。ギャラリーが絵画を販売すると、所有権はアーティストから絵画の購入者に譲渡されます。購入者はギャラリーに絵画の代金を支払い、ギャラリーはその手数料を引き出し、残りの金額をアーティストに転送します。これにより、2つのエンティティ間に次の違いが生じます。

  • 出荷書類。荷送人は荷送人であり、荷受人は受取人です。

  • 所有権。荷送人は商品の最初の所有者ですが、荷受人は単に代理人であり、実際には商品の所有権を取得していません。これは、商品が最終的に第三者に販売されるまで、荷送人がその帳簿に委託在庫の記録を保持することを意味します。

  • 支払い。荷送人は、荷受人から支払いを受け取るまで、商品の所有権を保持します。