承認済み株式と発行済み株式の違い

承認済み株式とは、発行済み株式がすでに発行されている間に、企業が法的に発行を許可されている株式の数です。したがって、発行済株式数は常に承認済み株式数以下です。承認された株式の数は、最初は会社の定款に定められています。株主の過半数が変更に賛成票を投じる限り、株主は株主総会でいつでも承認株式の数を増やすことができます。承認された株式の数は、発行済み株式の数よりも大幅に多く維持される可能性があるため、組織は、資金調達のニーズに応じて、いつでもより多くの株式を売却できる柔軟性を備えています。

いくつかの活動により、発行済み株式数を増やすことができます。たとえば、株式は、私募、新規株式公開、二次募集、株式の支払い、または誰かがワラントまたはオプションを行使したときに発行される場合があります。会社が自社株(自己株式と呼ばれる)を買い戻すと、発行済み株式数は減少します。