収入概要勘定

収益要約勘定は、会計期間の終了時にすべての損益計算書の収益および費用勘定が転送される一時的な勘定です。収益要約勘定に振り替えられた純額は、期間中に事業が被った純利益または純損失に等しくなります。したがって、収益を損益計算書からシフトするということは、その期間に記録された収益の合計額を収益勘定から借方に記入し、収益要約勘定に貸方記入することを意味します。

同様に、費用を損益計算書からシフトするには、その期間に記録された費用の合計額をすべての費用勘定に貸方記入し、収入要約勘定から借方に記入する必要があります。これは、収入要約勘定を使用するための最初のステップです。

収益要約勘定の結果の残高が利益(貸借対照表)である場合は、収益要約勘定から利益の金額を借方に記入し、利益剰余金勘定に貸方記入して、利益を利益剰余金(残高)にシフトします。シートアカウント)。逆に、収益要約勘定の結果の残高が損失(借方残高)である場合は、損失の金額を収益要約勘定に貸方記入し、利益剰余金勘定から借方に記入して、損失を利益剰余金にシフトします。これは、収入要約勘定を使用するための2番目のステップです。その後、勘定の残高はゼロになります。

次の仕訳は、収入要約勘定の使用方法を示しています。

1.その月に発生した10,000ドルの収益すべてを収入要約勘定にシフトします。