繰延税金

繰延税金は、企業が最終的に課税所得に対して支払うが、まだ支払期日が到来していない税金です。報告および支払われる税額の違いは、地方税法および企業が使用する会計フレームワークにおける税の計算の違いによって引き起こされます。主要な会計フレームワークの例は、一般に認められた会計原則および国際財務報告基準です。

関連する会計フレームワークの下で支払われるが、地方税法の下ではまだ支払われていない税金は、支払われるまで会社の貸借対照表に納税義務として記録されます。納税義務は、通常、今後12か月以内に支払う予定がないため、貸借対照表に固定負債として記録されることがよくあります。これは、繰延税金の項目は通常、短期流動比率に影響を与えないことを意味します。

たとえば、会社は固定資産の減価償却を記録するために定額法を使用する場合がありますが、税法により、確定申告で加速償却法を使用することが許可されています。その結果、法人税申告書に報告される課税所得が少なくなります。これは、当期の減価償却費の増加が原因です。したがって、通常の損益計算書に高い所得税が示されていても、会社は当期に支払う所得税が少なくなります。後年、認識された定額法による減価償却額が加速償却額に追いつくと、この項目に関連する繰延税金の額はゼロに減額されます。