発生主義を現金主義会計に変換する方法

発生主義の会計は、関連するキャッシュフローのタイミングに関係なく、収益と費用が獲得された期間に記録するために使用されます。ただし、企業が代わりに会計の現金ベースで結果を報告したい場合があります(通常は納税申告書の作成を伴います)。現金主義は、それらに関連する現金が支払われるか受け取られるときの取引の記録のみを含みます。発生主義の会計記録を現金主義に変換するにはどうすればよいですか?

発生主義から現金主義の会計に変換するには、次の手順に従います。

  • 未払費用を差し引きます。サプライヤーの請求書がないために費用が発生した場合は、財務諸表から削除してください。この情報の最も簡単な情報源は、貸借対照表の未払負債勘定です。最初にこのアカウントの内容を調べて、正しいことを確認してください。

  • 売掛金を差し引きます。関連する現金が期間内に受け取られなかった場合は、売掛金とそれに関連する売上を含めないでください。

  • 買掛金を差し引きます。期間中に実際に現金で支払われなかった買掛金の費用は含めないでください。

  • 前期の売上をシフトします。発生主義では、前の期間の終わりに一部の売上が発生した可能性があります。関連する顧客の支払いが次の期間まで受け取られなかった場合、これらの売上を実際に現金が受け取られた会計期間に繰り越します。これには、最初の利益剰余金勘定の調整が必要になる場合があります。

  • 顧客の前払いをシフトします。顧客が注文に対して前払いした場合、これらの支払いは発生主義で負債として記録されます。これらの取引を、現金を受け取った期間の販売にシフトします。

  • 前払いをサプライヤーにシフトします。会社が一部の支出を前払いした場合、これらの支払いは発生主義で前払費用として記録されます。これらの取引を、現金が支払われた期間の費用にシフトします。

システム全体を恒久的に現金ベースに変更したい場合を除いて、上記の変更をビジネスの会計記録に入力しないでください(通常は会計ソフトウェアの再構成も必要です)。代わりに、これらの変更を電子スプレッドシートに入力し、会計の現金ベースの修正された財務結果を手動で計算します。税務監査の一環として問題が発生した場合に備えて、このスプレッドシートをパスワードで保護してバックアップしてください。

また、税報告目的での現金ベースの使用は、IRSによって、会計年度末に在庫を報告しない小規模な組織に制限されていることに注意してください。したがって、IRSが税務報告に許可するかどうかを調査するまで、この変換を行わないでください。