キャピタルリースの基準

キャピタルリースは、貸手がリース資産のみに融資し、その他すべての所有権が借手に譲渡されるリースです。これにより、総勘定元帳に借手の資産として資産が固定資産として記録されます。より一般的なオペレーティングリースの場合のリース料全体の金額とは対照的に、借手はキャピタルリース料の利息部分のみを費用として記録することができます。

注:キャピタルリースの概念は、会計基準アップデート2016-02(2016年にリリースされ、2019年に有効)でファイナンスリースの概念に置き換えられました。したがって、以下の説明は歴史的な目的のみです。

キャピタルリースの基準は、次の4つの選択肢のいずれかになります。

  • 所有権。資産の所有権は、リース期間の終了までに貸手から借手に移されます。または

  • お買い得購入オプション。借手は、リース期間の終了時に、市場価格を下回る価格で貸手から資産を購入することができます。または

  • リース期間。リース期間は、資産の耐用年数の少なくとも75%を含みます(その間、リースはキャンセルできません)。または

  • 現在価値。リースに基づいて要求される最低リース料の現在価値は、リース開始時の資産の公正価値の少なくとも90%です。

リース契約に上記の4つの基準のいずれかが含まれている場合、借手はそれをキャピタルリースとして記録します。それ以外の場合、リースはオペレーティングリースとして記録されます。これら2種類のリースの記録は次のとおりです。

  • キャピタルリース。すべてのリース料の現在価値は、固定資産として記録され、キャピタルリース負債勘定への相殺クレジットを伴う資産のコストと見なされます。毎月のリース料が貸手に支払われると、借手はキャピタルリース負債勘定の合計減額と支払利息の請求を記録します。借手はまた、会計記録に固定資産の帳簿価額を徐々に減らすために定期的な減価償却費を記録します。

  • オペレーティングリース。各リース料を費用として記録します。他のエントリはありません。

キャピタルリースの正確な定義を考えると、リースの当事者は通常、リースに署名する前にリース契約のステータスを十分に認識しており、通常、契約がキャピタルリースとして明確に定義されるようにリース契約を作成します。またはオペレーティングリース。