複合減価償却

複合減価償却は、単一の定額減価償却率と平均耐用年数を、異種の固定資産のグループの減価償却の計算に適用することです。この方法は、オフィス機器や生産機器などの資産クラス全体の減価償却費を計算するために使用されます。複合減価償却は、単一の大きな資産を構成する資産が多数ある場合にも使用できます。たとえば、建物の屋根、空調ユニット、フレームはすべて耐用年数が異なる場合がありますが、複合法によって減価償却のために集計することができます。複合減価償却を使用できるもう1つの状況は、施設全体のすべての資産の減価償却です。

このアプローチの減価償却手順は次のとおりです。

  1. グループ内のすべての資産の減価償却費の合計を集計します。

  2. 資産グループに単一の耐用年数を割り当てます。

  3. 耐用年数を減価償却費の合計で割ると、定額法で年間の減価償却費の合計になります。

  4. 資産グループ全体の減価償却を記録します。

要するに、複合減価償却には、グループ内のすべての固定資産の減価償却率の加重平均の使用が含まれます。

このシステムで会計処理されている資産が売却された場合、関連する会計仕訳は、受け取った金額の現金への借方と、資産の取得原価の固定資産勘定への貸方です。2つの間に差がある場合は、減価償却累計額に対して記録します。この会計処理は、資産の売却または処分の時点で利益または損失が認識されないことを意味します。

固定資産会計ソフトウェアが個々の資産の減価償却を追跡しやすいことを考えると、複合減価償却を使用する必要は実際にはありません。これは、そのまれな使用法を説明している可能性があります。固定資産に手動の記録保持が必要な場合、システムの適用性が高まった可能性があります。それでも、高い資本制限を使用すると、多数の資産が固定資産として認識されなくなり、手動による会計作業の量が削減されます。

複合減価償却の考えられる用途は、取得者が被取得者の固定資産レコードを処理していて、最小限の労力で多数の資産の減価償却計算を作成したい場合です。

この方法により、減価償却が個々の資産ごとに個別に計算された場合に認識される金額とは著しく異なる減価償却額が認識される可能性があります。この格差は、グループ内の資産の耐用年数が互いに大幅に異なる場合に発生する可能性があります。