年半ばの大会

年半ばの条約では、年間の任意の時点で購入された固定資産は、その年の中間点で減価償却されると規定されています。たとえば、2月15日に100,000ドルの資産を購入し、耐用年数が5年の場合、7月1日に実際に取得されたと仮定して、最初の年に10,000ドルの減価償却が認識されます。20,000ドルの減価償却は今後4年間のそれぞれで認識され、最終年度には半年の減価償却費が請求されます。年半ばの大会が会計目的で使用されることはめったにありませんが、一般的に課税目的で適用されます。