会計在庫方法

在庫を説明する4つの主な方法は、特定の識別、ファーストインファーストアウト、ラストインファーストアウト、および加重平均法です。背景として、在庫には、企業が自社の製造プロセスまたは顧客に販売するために手元にある原材料、仕掛品、および完成品が含まれます。在庫は資産と見なされるため、会計士は、在庫を資産として記録するために、在庫にコストを割り当てるための有効な方法を一貫して使用する必要があります。

在庫の評価は、評価を作成するために使用される会計方法が、会計期間に販売された商品の原価に請求される費用の金額、したがって収益の金額に直接関係するため、小さな問題ではありません。会計期間に販売された商品の原価を決定するための基本的な式は次のとおりです。

開始在庫+購入-終了在庫=売上原価

したがって、売上原価は主に最終在庫に割り当てられた原価に基づいており、これにより、以前の会計方法に戻ることができます。考えられる在庫原価計算方法はいくつかあります。

  • 特定の識別方法。このアプローチでは、在庫内の各アイテムのコストを個別に追跡し、そのコストが割り当てられている特定のアイテムを販売するときに、アイテムの特定のコストを販売された商品のコストに請求します。このアプローチは大量のデータ追跡を必要とするため、自動車や芸術作品など、非常に高コストでユニークなアイテムにのみ使用できます。他のほとんどの状況では、実行可能な方法ではありません。

サプライヤから在庫を購入する場合、価格は時間の経過とともに変化する傾向があるため、同じアイテムのグループが在庫になりますが、一部のユニットのコストは他のユニットよりも高くなります。在庫からアイテムを販売するときは、最初に購入したと思われる、または最後に購入したと思われる売上原価にアイテムを請求するか、すべての在庫アイテムのコストの平均に基づいてアイテムを請求するかを決定する必要があります。ポリシーを選択すると、先入れ先出し法(FIFO)、後入れ先出し法(LIFO)、または加重平均法のいずれかが使用されます。次の箇条書きは、各概念を説明しています。

  • 先入れ先出し法。 FIFO方式では、最初に購入したアイテムも最初に使用または販売されると想定しています。これは、在庫のあるアイテムが最新のものであることも意味します。このポリシーは、ほとんどの企業の実際の在庫の動きと厳密に一致しているため、単に理論的な観点から望ましいものです。価格が上昇している時期(ほとんどの経済圏ではほとんどの場合)では、最初に購入したユニットが最初に使用されると仮定すると、最も安価なユニットが最初に販売された商品のコストに請求されることも意味します。これは、売上原価が低くなる傾向があることを意味します。そのため、営業利益が増加し、より多くの所得税が支払われます。また、最も古いレイヤーを継続的に使い切るため、LIFOメソッド(次を参照)よりもインベントリレイヤーが少なくなる傾向があることを意味します。

  • 後入れ先出し方式。 LIFO法では、最後に購入したアイテムが最初に販売されると想定しています。つまり、まだ在庫があるアイテムが最も古いものです。このポリシーは、ほとんどの企業の在庫の自然な流れには従いません。実際、この方法は国際財務報告基準で禁止されています。価格が上昇している時期には、最後に購入したユニットが最初に使用されたユニットであると仮定すると、売上原価が高くなる傾向があるため、営業利益が減少し、支払われる所得税が少なくなります。最も古いレイヤーが何年もフラッシュされない可能性があるため、FIFO方式よりも多くのインベントリレイヤーが存在する傾向があります。

  • 加重平均法。加重平均法では、新しい在庫購入のコストが既存の在庫のコストにロールインされて新しい加重平均コストが導出されるため、在庫レイヤーは1つだけです。これは、購入する在庫が増えると再度調整されます。

FIFOとLIFOの両方の方法では、在庫レイヤーを使用する必要があります。このレイヤーでは、特定の価格で購入された在庫アイテムのクラスターごとに個別のコストが発生します。これにはデータベースでかなりの量の追跡が必要であるため、コンピュータシステムで在庫を追跡する場合は、どちらの方法も最適に機能します。