償却費

償却費は、予想される使用期間にわたる無形資産の償却であり、資産の消費を反映しています。この償却により、残余資産残高は時間の経過とともに減少します。この償却額は、通常「減価償却費」の項目内の損益計算書に表示されます。

償却費の会計処理は、償却費勘定への借方と累積償却勘定への貸方です。累積償却勘定は、貸借対照表に対勘定として表示され、無形資産の項目とペアになって配置されます。一部の貸借対照表では、減価償却累計額の項目と集計される場合があるため、純残高のみが報告されます。

償却はほとんどの場合定額法で計算されます。無形資産が耐用年数の初期に迅速に使用されることを証明することは困難であるため、加速償却法はほとんど意味がありません。

償却は、無形資産の段階的な評価減に最も一般的に使用されます。無形資産の例は次のとおりです。

  • 放送ライセンス

  • 著作権

  • 特許

  • タクシー免許

  • 商標

償却費の例

ABC Corporationは40,000ドルを費やして、5年以内に期限切れになりオークションにかけられるタクシー免許を取得します。これは無形資産であり、満了日の5年前に償却する必要があります。年次仕訳は、償却費勘定への8,000ドルの借方と、累積償却勘定への8,000ドルの貸方です。

この例の費用に償却が請求される率は、オークションの日付がより早い日に開催された場合、資産の耐用年数が減少するため、増加します。